ペットのお葬式について知りたい!?ペット火葬の方法と基本を分かりやすく解説!

こちらのサイトは、ペットのお葬式についてしっておきたいお役立ち情報を幅広くご紹介しており、ペット火葬の方法と基本を解説しています。
また、自分でペットの火葬を行うことは法律上良いのか、このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
自分で行えば業者に依頼するよりも費用を抑えられるわけですが、果たして自分で行うことが許されるのかなども解説しておきます。
それと、ペットの火葬は業者を利用する以外にも市などの自治体を使う方法もあるのですが、この場合の費用や火葬の流れなどについても解説するので参考にされることをおすすめします。

ペットのお葬式について知りたい!?ペット火葬の方法と基本を分かりやすく解説!

ペット火葬には、大きく分けて個別火葬と合同火葬、訪問(出張)火葬の3つの種類があります。
個別によるペット火葬は、1体ずつ火葬するのが特徴ですから残った骨は愛犬や愛猫のみということになります。
人間の場合と同じく骨拾いを行って骨壺に安置するスタイルです。
ただ、この方法には一任と立ち会いの2種類があるのですが、一任の場合は遺骨を業者のスタッフさんが回収する形で立ち会いは買主さんなどが骨を拾うなど立ち会いは人間のお葬式と同等と考えておけば良いでしょう。

ペット火葬には合同火葬や個別火葬などの方法がある

"

ペット火葬は大きく分けて合同火葬と個別火葬があり、さらに個別は一任と立会、火葬移動車利用の方法があります。
一任の場合、ペット火葬業者が代行してすべてを行ってくれる方法であり、飼っていたペットのみ火葬を行うので、お骨を手元に戻してもらうことができます。
仕事が忙しく葬儀を行えない人に受け入れられているものであり、行われている件数も徐々に増えています。
立合は人の葬儀と同じように火葬からお骨上げ、納骨まで立ち会うことが可能です。
一般の葬儀と同じで読経も行われるので、別れをしっかりと受け入れることができます。
近年注目されているのが火葬移動車の利用で、焼却炉を乗せた車が自宅近くまで移動し、その場でペット火葬を行うものになります。
このほか合同火葬があります。
これはほかの家のペットと一緒にペット火葬を行うものであり、個別にお骨を取り出すことはできません。
最初から合同供養墓や合祀墓に入ることが前提となっており、そのまま大きなお墓に納められます。

"

利用する前に知っておくべきペット火葬の種類ごとの費用相場

ペット火葬では、3つの種類が設けられていることが多いです。
まず、合同と呼ばれるものです。
文字通り、他と一緒に火葬を行うことによって効率的にペットを弔う方法です。
その後に、霊園に埋葬されることになりますので最も料金プランが安く多くの人が利用しています。
場合によっては、1万円未満で利用することも十分に可能です。
そして、個別で利用する方法もあります。
これに関しては、返骨をしてもらいたいと考えているときに利用できます。
ペット火葬の中でもスタッフに任せて進めていくことになりますし、個別に行ってもらうことになるため費用は合同と比較しても高くなります。
安ければ1万円台で可能ですが、高くなると6万円以上の見積もりになることも珍しくありません。
さらに、最も高額な費用になるのが個別のペット火葬の中でも立ち合いを求めるものです。
人間の亡くなった人と同様に、家族も参加して進めていくことになるためその分だけ予算が求められます。

ペット火葬ができる場所は業者の施設以外にも民営の火葬場でも可能?

一般的にペット火葬は、ペット葬儀を専門にしている葬儀社やペット霊園などで行うことができます。
ペット葬儀社やペット霊園のペット火葬は文字通りペット専用の火葬炉になるので、ペットの大きさや種類などに関係なく綺麗に骨を残すことができます。
火力があまりにも強すぎてしまうと大型犬などは骨が残るけれども子猫や子犬などは跡形もなくなってしまうのではないか、このような不安を抱く人も多いといえます。
確かに、小動物などの場合は専用のトレイを利用するなど工夫を行って骨の形を残すようにしていることからも不安に感じる人は多いわけです。
民営の火葬場は、人間の火葬場になるのですが、このような施設の中でもペット火葬ができる場所が存在しています。
民営の場合でペット火葬ができる場所は限定されるのですが、複数のペットをまとめて1度で執り行う施設と個別に行う施設などがあるので火葬を行った後のお墓の種類などで利用の可否が変わるので調べておくなどが大切です。

ペット火葬は立ち会い以外にもお任せできるプランもある

ペット火葬には多彩なプランが用意されていることが多く、家族の都合や環境によって選ぶことができます。
もっとも多く利用されているのは立ち会いプランとなっており、これは拾骨の有無なども選ぶことが可能です。
お骨上げやご返骨、骨壺の利用なども考慮して選択すると良いでしょう。
また、ペット火葬会社によってはおまかせやセレモニーなどのプランを充実させています。
おまかせの場合、ペット火葬会社に引き取られたペットの遺体を火葬後、提携している寺院や霊園に埋葬してくれます。
火葬のあとはすぐに埋葬してほしいといった場合にも利用可能です。
セレモニープランでは出棺前に自宅などでセレモニーを行ない、火葬前にペットとのお別れをすることができます。
家族だけではなく友達や知人など、生前のペットがお世話になった参加者を集めてお別れをしたい時に最適となっています。
火葬までゆっくりと時間を取ることで、心の整理をすることもできるはずです。

民間のペット火葬を利用する際には口コミ評判を確認しよう

ペット火葬は、自治体が行っている火葬でも可能です。
これは、人間の火葬を行う施設の中にペット専用の火葬炉が完備されている施設に限定されるのですが、住まいの住所を管轄している自治体のホームページにアクセスを行うことで利用の可否が分かりますし、他の地域にある施設でもペット火葬ができる施設があればそこを使うこともできます。
ただ、自治体の場合はペットが可能でも個別と合同が選べる施設と合同のみの施設があるので、これについても事前に確認しておきましょう。
仮に、個別のお墓にペットの骨を安置したいとなったとき合同火葬を選択してしまえば他のペットと骨が混ざってしまうなど注意が必要です。
ペット専門の葬儀社やペット霊園などは民間のペット火葬ができるところが多くあるのですが、民間のペット火葬を利用する際には口コミ評判をチェックすること、主に重視すべき点は対応の良し悪しやスタッフの接客態度などを確認しておきましょう。

自宅に火葬車が来てくれるペット火葬の特徴

大切なペットがなくなってペット火葬を依頼する場合には、専門の施設に出向いて依頼すると思っている人が多いかもしれません。
しかし近年では様々なスタイルが定着していて、その一つに訪問火葬と呼ばれるものもあります。
訪問火葬とは、自宅に移動火葬車が来てくれるものを指します。
これを利用することで、自宅でのペット火葬が可能となり、火葬車とはどのようなものなのかというと、安全に火葬ができる設備が整った車のことを指しています。
個別で行われ、お骨上げや返骨なども十分に可能となっています。
またプランによりセレモニーをつけることも可能であり、先に自宅などでセレモニーを行います。
体を清めて末期の水を口に含ませたり、布団やバスケットに寝かせてあげる、お線香あげておやつをお供えするなど様々です。
業者によりセレモニーが扱われていないことも多いため、セレモニーを希望する場合には、事前によく調べてから申し込みを行うことが大切です。

ペット火葬を利用する前に行っておかなければならない準備

日本ではペットを飼っている人が非常に多く存在します。
一軒家でなくてもマンションやアパートでもペット飼育を認めるところも多くなり、その人気ぶりをうかがい知ることが出来ます。
だがペットも人間同様生き物であり、人間よりも寿命が短いことから必ず死別で飼い主と永遠の別れになる日がやってくるんです。
癒しや楽しみをどんなときにも与えてくれた犬や猫のために、きちんと弔って埋葬し供養することが大事です。
それにはペット火葬を行うことになりますが、事前に準備しておかなければいけない事があります。
それは火葬場や埋葬場所が決まるまでに、ペットを温存しなければなりません。
時間とともに腐敗が進み、時には内分泌物が漏れ出すことがあります。
そのためペット火葬の前には必ず猫や犬を、シートの上に寝かせてあげ保冷剤や氷などで体を冷やし、温存してあげることが大事です。
その間位に霊園を比較サイトやネットで探し、霊園に連絡しないといけないんです。

ペット火葬の費用は大型犬や小型犬など大きさで変わる?

でペットといっても、小さな小鳥のサイズからゴールデンレトリーバーのような大型犬まで、大きさにはかなりの違いがあることがわかるでしょう。
当然のことながら体重を比べてみてもかなりの違いがあることがわかります。
大切なペットを失ってペット火葬を依頼する場合には、その費用は大きさで変わるとされています。
体重の区分は業者により異なりますが、小型犬の場合には2から3キロ刻みで料金を設定しているところが多く見られます。
小型犬を始めとし、うさぎや猫、小鳥などがこれに該当するでしょう。
おおよそ1万5000から2万5000円程度に収まります。
一方で大型犬となるとゴールデンレトリバーやシベリアンハスキーなどがこれに該当しますが、体重は25から40キロ程度が該当します。
火葬費用は4万円からが相場であり、さらに体重が重くなる場合には見積もりを依頼する必要があります。
この大きさになるとペット火葬にかかる時間も120分程度かかることがあり、場合によっては対応できないところもあるため事前に確認をすることが求められます。

小動物のペット火葬は専用トレイを使うことで骨を残すことができる

近年では可愛がっていたペットがなくなった場合には、人間と同じようにペット火葬をし、しっかりと最後のお見送りをするケースが増えてきています。
ペットの種類も犬や猫だけではなく、様々な種類のものが増えていて、飼育環境の質も上がっています。
近年では小動物を飼うケースも増えてきていて、ハリネズミやフェレット、兎やモルモットなどが該当します。
このような小動物の場合には、体が小さいので骨はほとんど残らないと思っている人も多いかもしれません。
確かに体の大きさに比例し小さければ小さくなるほど骨の量も少なくなるものの、丁寧に火葬をすることによって、どんなに細かい骨でも全て残すことが可能です。
うさぎ位の大きさであればある程度しっかりしているものの、ハムスターなどのような小さな子の場合には、きれいに残らなくなってしまうかもしれません。
このような場合には、専用の小さなトレイを使うことで、十分に骨を残すことが可能です。
髪の毛ほどの細いものまで残るケースも多く、事前にペット火葬の内容について確認してみると良いでしょう。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬のお役立ち情報

こちらのサイトは、ペットのお葬式についてしっておきたいお役立ち情報を幅広くご紹介しており、ペット火葬の方法と基本を解説しています。また、自分でペットの火葬を行うことは法律上良いのか、このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。自分で行えば業者に依頼するよりも費用を抑えられるわけですが、果たして自分で行うことが許されるのかなども解説しておきます。それと、ペットの火葬は業者を利用する以外にも市などの自治体を使う方法もあるのですが、この場合の費用や火葬の流れなどについても解説するので参考にされることをおすすめします。

Search